2018-08

読んだら感想書くって決めた

『海辺のカフカ』の読書感想文【すべてがある種の「予言」であるということ】

今回は『海辺のカフカ』(村上春樹著)の読書感想文です。 『海辺のカフカ』は村上春樹さんの長編小説では10作目にあたる作品で、2002年に刊行されたものです。(僕が読んだのは文庫の方で、そちらは2005年とのこと) 僕の好きな『世...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました